抜歯と判断と原因と治療計画 3

40代男性

今回は、左下第一大臼歯を失った場合についてであるが、両端を健康な歯に挟まれた抜歯後の空隙を直す場合、大きく分けて後述する3つの方法がある。
1)取り外し式の入れ歯
2)ブリッジ
3)インプラント

1)取り外し式の入れ歯
利点は健康な両臨在歯を傷つけずに治せることである。
しかし、欠点として、まず肝心の歯の部分が粘膜に乗ってるだけなので、しっかりかむことは難しく、慣れるまで、取り扱いが比較的困難であるということがある。毎日取り外し、洗浄する必要があり、また今回は一本だけなので、小さいため誤って飲み込んでしまう危険性がある。
1)の取り外し式の入れ歯であるが、前述の通りデメリットが多いため、基本的には第一選択としておススメすることは少ない。
このため、一般的には 2)ブリッジか 3)インプラントを選択することが多い。
これについては、また次回。



2012年08月31日


個別無料相談会