ブリッジと咬合力

50代女性


以前に歯を失い、そこを補うためにブリッジをされていた患者様です。

上顎のほとんどがブリッジとして、一つに連結されていたが、そのうちの一つが咬むと痛むという。
診査の結果、歯が割れてしまっており抜歯が適当と診断した。

今回の破折の原因は、患歯の前後の失った歯にかかるべき力が、患歯に過重にかかってしまったためだと考えられる。

今回は抜歯予定部位と失った部分に関してインプラントをすることとなった。

現在であれば、負担を考えて最初からインプラントにすることが多くなっている。
もし、そうであれば、今回のように抜歯しないですんだかもしれない。



2013年04月13日


個別無料相談会