重なって生えていた歯

30代女性


前歯がかけたということで、当医院を受診された。
見てみると、以前神経を取ってプラスチックを詰めて治してあったが、また虫歯になってしまったようだ。

患歯は、真ん中から二つ目の歯で、歯が重なって生えており、清掃不良になってしまったようだ。
しかも神経が無いために進行に気が付かず、気が付いた時にはかなり進行してしまっていたということである。
診査の結果、虫歯がかなり深くまで進行してしまっていたため、残念ではあるが抜歯が適当と診断した。

今回両隣の歯は虫歯のない健全歯であることを考慮し、インプラントをすることとなった。
それと同時に、重なって後ろ側にあって審美的によくなかったが、これを機に、適切な位置に改善することとなった。



2013年04月20日


個別無料相談会