寿命は一概に何年とは?

当院でインプラントカウンセリングを受けられる、ほぼ全ての患者様がなさる質問が「いつまでもつの?」ある。 寿命は、一概に何年持ちますとは言えない。

それは、
・埋入する部位の骨の状態
・患者様自身のお手入れ
・定期健診の受診率
などによって非常に大きく左右されてしまうからである。

人間の平均寿命のように、
統計学的に平均寿命を考察した論文も数多く発表されているが、
ある論文では10年、別の論文では35年と、どうもバラバラで
科学的根拠に乏しい。

通常、長期的な安定性に支障となるようなトラブルは、
埋入手術後1年以内に現われてくることが殆んどである。
例えば、
・歯軋りにより過度の負担がかかり、上部構造(セラミックの被せ歯)の一部が破損してしまった。
・埋入手術直後に感染を起こしてしまい、骨と癒合がしなかった。
当院では年間150症例以上の手術を行っているが、通常、埋入手術から3年間安定して経過していけば、最低でも15年以上の寿命は維持できると確信している。

当院は、インプラントに対して5年間の保証をお付けしているので、その点はご安心していただけているのではないだろうか。
そこから先の寿命は、患者様の努力、口腔内清掃、健康管理、定期健診受診などにかかってくるのではないだろうか。



2010年01月01日


個別無料相談会