無痛歯科 カウンセリングレポート

前歯の治療

30代男性。

小さい頃から、歯医者が怖くてなかなか通えなかった。

痛いのを我慢していたが、昨晩痛くて眠ることができなかった。
本日、意を決して当院に来院された。

口腔内を拝見すると、前歯の虫歯が大きくなっており、その歯が痛みの原因のようだ。
鎮静法を使い、虫歯及び神経を取る無痛治療を行っていくこととなった。


2011年3月30日

前歯の虫歯の治療

20代男性。

他院で上顎の前歯の虫歯を治療しようとしたが、麻酔が効きずらかったことと、
怖くて治療を終えることができなかった。

インターネットで無痛歯科、東京で当院を見つけ、本日来院された。

拝見すると、歯と歯の間が、虫歯になっていた。
レントゲンで確認すると、神経の近くまで虫歯が近接していて
神経もとらないといけないような状況であった。

鎮静法(点滴麻酔)を使った無痛治療で快適に終えることができた。


2011年3月23日

左上奥歯の根の治療

40代男性。

ここ数年前から、左上の奥歯が痛み出たり、治まったりという症状を繰り返していた。
気にはなっていたが、痛みはしばらく我慢すると、治まっていたので、何とか我慢をしていた。

ついに昨日からの痛みが我慢ができず、本日朝一番で来院された。
お口のなかを拝見すると、左上の虫歯はかなり大きく、歯の根っこしか残っていない状態であった。
歯はなんとか残せそうであるが、根っこの治療をしないといけない状態であった。

十分な説明の上、鎮静法を使い根っこの無痛治療をしていくこととなった。


2011年3月18日

右下奥歯の抜歯

30代女性。

他院にて根の治療を半年続けているがなかな治らないとのこと。

CTで確認すると、歯が根っこの真ん中から折れていた。
歯は折れてしまうと残すことが難しい。抜歯せざるを得ない状況である。

患者様は鎮静法を利用した抜歯を希望された。
快適に抜歯を終え。その他の治療も鎮静法の無痛治療をご希望された。


2011年3月15日

前歯がボロボロの方へ

30代女性の患者様。

小さい頃から、歯医者が苦手でここ5年ほど通っていないとのこと。
お口の中を拝見すると、上顎の前歯は治療の後が虫歯になっていた。

以前治療して、虫歯をとった後に保険のプラスチックの詰め物をしているのだが、
プラスチックの変色もあり、さらに詰め物と歯の間に隙間ができていてそこから虫歯になっていた。
そして一部の歯は虫歯が神経まで達しており、神経をとらないといけない状況であった。

歯科治療が苦手なこの方は鎮静法を使った集中治療を希望され、
次回から無痛治療を行っていくこととなった。


2011年3月12日


1 2  
無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター