無痛歯科 カウンセリングレポート

歯茎麻酔をされずに削られてトラウマとなった方

40代男性。

小さい頃に小さな虫歯を歯茎麻酔なしで削られて、
それ以来歯科治療がトラウマになってしまった。
削る道具の音を聞くだけでも恐怖感を感じるようになってしまった。

この患者様は奥歯に大きな虫歯があり、神経を取らないといけない状態であった。
麻酔の一つで鎮静法を使って神経を取る治療となった。

治療終了後、削られてる感覚もなく快適に治療を終えることができたと、患者様は仰っていた。


2011年7月12日

前歯部分詰め歯の無痛治療

20代女性。

前歯の虫歯の治療を希望され、来院された。

この方は元々、歯茎麻酔がてとても苦手とのこと。
治療に対して大変恐怖感をもっていらっしゃった。
特に前歯の歯茎麻酔は苦手な方が多い。
この患者様も無痛治療を希望された。

鎮静法(点滴麻酔)を使った治療で、前歯の部分詰めが
快適に治療を受けられたとおっしゃっていた。


2011年7月 8日

抜歯即時埋入の無痛治療

30代男性。

左下の奥歯の虫歯の治療を希望されて来院された。
3年程前に被せてた金属が取れてしまい、歯科治療が大変苦手なこともあって、
そのままにしてしまったが、最近、当院に通院されている友人から無痛治療の話をお聞きになり来院された。

お口の中を拝見すると、その歯は虫歯が根っこ深くまで達しており、抜歯をしないといけない状態であった。
抜歯後の処置について、ブリッジ、部分入れ歯などの説明を行い、患者様はインプラントを選択された。
抜歯と同時に人工歯根を埋める方法(抜歯即時埋入)があり、嫌なことは一回で終わらせることがでる。
幸いにして、この患者様は抜歯即時埋入が可能なので、鎮静法(点滴麻酔)を使った無痛治療で次回から始めて行く事となる。


2011年7月 4日


  1 2 
無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター