無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛治療(鎮静法)初回割引キャンペーン実施中です!

現在、ご好評につき、無痛治療(鎮静法)の初回割引キャンペーンを引き続き実施中です。

通常31500円のところ、6300円で受けていただくことができますので、
今まで恐怖心から歯医者になかなか通えなかったという皆様も、この機会に是非お試しください。
きっと治療を受けることに自信がつくはずです。

虫歯は放っておいても自然治癒することはありません。
悪化してからでは通う回数も増える一方です。
痛くなる前に早めに治しましょう!

ご質問等、是非お気軽にお問い合わせください。

宜しくお願いいたします。


2012年5月30日

鎮静法を併用した歯周病の無痛治療

50代男性。

10年くらい前に歯医者に行ったきり行っていないとのこと。
その時、歯石を取ったのだがピリピリ痛むのに我慢してやったという。
それ以来、痛みを我慢して治療するのは嫌だし、治療するときの音を聞くだけで
鳥肌が立つぐらいになってしまいずっと放置していたという。

自身では下の前歯のところに歯石が付いてきているのは知っていた。
最近になって歯ブラシの時に出血するだけでなく、膿のようなものも出てきたので心配になり来院された。

お口の中を拝見すると、下の前歯だけでなく全体的に歯石がついていた。
奥歯からは膿が出ているところもあり歯周病が進行していたので歯石を取る必要があった。

鎮静作用のある麻酔を使うと、周囲の出来事に対し無関心になるので、治療中の音は気にならなくなり、
尚且つ、お口の中に麻酔をして行うことで、痛みなく快適に治療できることを伝え、
次回から鎮静法も併用して歯石を除去していくことになった。


2012年5月28日

鎮静法を使った無痛治療で抜歯

20代男性。

左下の親知らずが腫れたり、引いたりを何回も繰り返していたとのこと。
抜歯をしようと思い歯医者を探していたが、相談した友人に辛い経験談を聞き怖くなったという。

他の友人にも何人か相談したが、
『抜くのにすごい時間がかかかって大変だった。』
『途中で麻酔が切れて我慢しながらやった。』
などの話を聞いてから、抜くのは諦めていた。

しかし、最近になって腫れるだけでなく、痛みが出るようになった。
ある友人にこの事を話すと、自分も同じような経験をしたことがあると教えてくれた。
だが、静脈に点滴で鎮静作用のある薬を使った無痛治療をしたら不安も痛みもなかったという。
「意識がボーッとしている間に治療が終わってしまったので、治療時間もあっという間に感じた」
と話してくれた。

これなら治療できると思い来院され、次回から無痛治療をすることになった。


2012年5月11日

無痛治療で初めての歯科手術

30代女性。

右下奥歯の虫歯が進行し、グラグラ状態で来院。

状態があまりにも悪かった為、歯を残すことは難しいと診断して歯を抜く事になりました。
その後、歯を失ってしまった所を補う治療としてインプラントを選択された。
初めて受ける治療のために、緊張と不安がある様子でした。
快適に治療を受けたいと鎮静作用のある麻酔での無痛歯科治療をご希望されました。

埋め込み手術当日。
オペ室に入ると、"さらに緊張する!"と、かなり緊張していらしゃった。

鎮静法(静脈点滴麻酔)を行い手術も無事終わり意識がハッキリされた時には
"もう終わったの?!"と驚きの様子、痛みも無く快適に埋入手術を終え、ホッと一安心されていました。


2012年5月 9日

痛くない虫歯治療

40代女性。

とにかく痛みを感じる事が苦手という事。
歯科治療中に、いつ痛みが出るか考えるだけで不安になる。

今回は、左奥歯の歯が時々痛むので痛みがひどくなる前に治したいと無痛治療をご希望。
レントゲンを撮影し、虫歯であることを確認。
とにかく痛みが怖いので、痛くないように治療をしてほしいという事を強く訴えられていた。

鎮静法(静脈点滴麻酔)を行い、治療をスタート。
歯ぐきに注射で麻酔を行う前に、少しでも針の"チクッ"とした感じが無いように
歯ぐきに表面麻酔を置き、その後歯ぐきに麻酔の注射を行い
しっかり麻酔が効いた状態で治療を始めるので、お痛みを感じる事はほとんどなく終えることが出来る。
鎮静作用のある麻酔と、更にしっかり歯ぐき麻酔を行うので安心して治療が受けられる。

治療が終わり、意識がはっきりされた頃には、痛みが無く快適に虫歯の治療を終えることができ、
患者様も満足しておられた様子だった。


2012年5月 7日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター