無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛虫歯治療に満足

30代男性。

鎮静法(点滴麻酔)併用の無痛治療を受けられたご友人から当院を紹介され、
本日より無痛治療を開始した。

まずは、奥歯の数本の虫歯を削って型を採る処置を行った。
治療前は大変緊張されていたが、麻酔の効きもよく、スムーズに本日の治療は終了した。

ご本人も、治療中のことは全く覚えていない!もっと早く知っていれば・・・と治療に満足されていたようだ。
これなら最後まで通えそうだとのこと。

次回は本日型を採った部分の銀歯を合わせ、前歯の見える部分のセラミック治療も進めていくこととなった。

現在、無痛治療(鎮静法)初回割引キャンペーン実施中。
この機会に是非お試しを。


2013年7月27日

歯科恐怖症の方の無痛抜歯

20代女性。

幼い頃に受けた歯科治療で麻酔が効かなかった事が原因で、
激痛を経験し歯科恐怖症になり、歯医者に来るのは久しぶりとの事。
ずっと怖くて、歯医者に行けずに沢山の虫歯をずっと放置していた。

今回、ネットで「無痛」「歯科」「鎮静法」を見つけ
「これなら頑張れそうかも.....」と思い、予約の電話をした。

クリニックに来る途中、何度か行くのを辞めようかと思った。
と、診療室の椅子に座っている時もかなり緊張しているようだった。

診察してみると虫歯がかなり進行していた為、3本歯を抜歯することに。
他にもいくつか虫歯の治療が必要な歯がみられた。

まずは、鎮静法(点滴麻酔)を使用して1本抜歯をすることになった。
点滴の注射も苦手なため、なかなか点滴の針を腕にさせない状態だったので
まずはゆっくり気持ちを落ち着かせてもらうために深呼吸を繰り返し行い、
少し気持ちが落ち着いたところで始めた。

その後、歯茎にしっかり麻酔をしてから抜歯へ。
抜歯が終わり、治療が終わった事を伝えると
「えっ?!」
とても驚いた様子だった。
「いつ歯茎に麻酔をしたのかも気づかなかった。」
と、さらに驚いていた。

まだ完全に歯科治療に対する恐怖心は無くなってはいないが、
この無痛治療なら頑張って通うことが出来そうだ!
と、快適に治療が終わりホッとしている様子だった。


2013年7月19日

歯石の除去が苦手な方へ

40代女性。

虫歯の治療をしに他院へ行ったとき、一緒に歯石の除去もしましょうということでおそうじをしてもらった。
歯周病が進んでいるから歯茎の中に付いた歯石も取ることになった。

歯石を取るとき、歯がものすごいしみるし機械の音も耳に響いてとても不快だった。
そのことを伝えると、もう少しだから頑張りましょうとそのまま続けられたという。
おそうじはあと数回かかりますと言われたが、そのまま行かなくなってしまったとのこと。

歯周病が進んでいると言われたことが気になって、どうにか痛みなく治療することは出来ないかと来院された。
鎮静剤を静脈に点滴する無痛治療は、痛みなく快適に受けていただける。

意識がボーッとするので、治療中の音も気にならなくなるということをご説明し、
次回から、この無痛治療で歯石を取っていくことになった。



2013年7月 9日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター