無痛歯科 カウンセリングレポート

恐怖心が強い方への無痛治療

30代女性。

食事をしていたら奥歯が欠けてしまったために来院された。

お話しを伺うと、以前歯科医院に通っていた際に麻酔がなかなか効かず痛みを我慢して治療をした経験があるとのこと。それ以来、歯科治療への恐怖心があるという。

お口の中を拝見すると左上の奥歯が虫歯のために欠けていた。
レントゲン写真で確認すると、虫歯が深く神経近くまで達していたため神経を取る必要があった。 

静脈に点滴をして鎮静作用のある薬を流す無痛治療を行えば、治療中の苦痛及び痛みを避けることが出来るということを十分に説明し、次回より治療を進めていくこととなった。


2013年12月21日

無痛で行う抜歯

20代男性。

歯医者が苦手のため、なるべく虫歯にならないように気を付けて歯を磨いている。

ここ数年、歯医者には行ってなかったので、もしも虫歯が出来ていたら早めに処置したほうがいいだろうと思い来院された。

お口の中を拝見するとともに、肉眼で見落としている虫歯がないか確認するためにレントゲン写真を撮った。

親知らずが虫歯になっているのと、下の前歯の裏側に歯石が付いていたが、その他は特に問題なかった。

今まで親知らずを含め乳歯以外を抜いたことがないため、歯を抜くとなると怖いけれど、出来れば抜きたいと希望された。

鎮静薬を静脈に点滴する無痛治療は、眠っているときのように意識がボーッとするので、治療中の恐怖心をなくすことができる。
痛みもなく快適に治療できることをご説明し、次回から抜歯をすることになった。

クリーニングは、無痛治療なしでもできるということで、本日はクリーニングをして終了した。


2013年12月 9日

ネットで無痛歯科をみて来院

30代女性

現在、海外にお住まいで、一時帰国した際に左下歯歯がないとこの治療をご希望で来院されました。

以前、歯医者で痛い思いをしてとても辛い経験から歯科治療が苦手になったとのこと。
ネットで無痛歯科をみつけて、無痛治療でならと決心されたそうです。

治療計画の為にCT撮影を行い、診断した結果、治療がすぐに出来ると判断、一連の流れをご説明し、患者様のスケジュールに合わせて、埋入手術→術後の消毒→抜糸までのスケジュールをたてました。

計画的に治療を進めて行ける様、患者様とのカウンセリングをとても大切にして、その後の治療についても、患者様のスケジュールに合わせてしっかり計画を立て合理的に治療を進めていきます。

手術当日、とても緊張している様子でしたが、静脈内鎮静法(点滴麻酔)でインプラント手術が終わると安心した様子で、快適に治療が出来て満足されていました。


2013年12月 6日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター