無痛歯科 カウンセリングレポート

歯科治療の音が苦手な方への治療

40代女性。

右下の虫歯が痛むとのことで来院。

幼少期より歯科治療が苦手で、特に歯を削るときの音や響く感じが怖く、体が委縮して気分が悪くなってしまうとのことだった。

無痛鎮静法を使えば、音を遮断した状態、気にならない状態で治療を受けることができるとご説明した。

実際に無痛鎮静法を用いて虫歯治療を行うと、削る音どころか削られていること自体全く分からなかったとのこと。

快適に治療を受けることができ、大変満足されたようだった。


2017年3月22日

痛くない虫歯治療

30代男性。

2~3日前から右下の奥歯がズキズキするとの事で来院。
レントゲンを撮って確認すると、歯の根の先に膿が溜まり、内圧が高まったために強い痛みが出た事が判明した。

痛みをとるためには、根の治療が必要であることを説明したが、以前に根の治療をしたとき麻酔が効かず辛い経験をしたことがあったので不安だという。
無痛鎮静法であれば痛みなく快適に治療できることを伝え、次回から無痛鎮静法にて根の治療をすることになった。


2017年3月14日

痛みのない歯周病の無痛治療

40代男性。

幼い頃の歯科治療のトラウマで歯科治療が恐怖に。

奥歯が腫れて痛い。
レントゲンを撮影し、痛みの原因は歯周病によるものだと診断。

歯周病の進行具合を検査、歯周治療の必要性を説明し、治療計画を立てた。

歯ぐきに麻酔を必要とする事、超音波の機械の振動や音も苦手ということで、
次回から鎮静法(点滴麻酔)を行いながら、数回に分けて無痛治療を行っていく。

久しぶりの来院で緊張していた様子だったが、痛みの原因も分かり
歯周病も無痛治療(鎮静法)であれば頑張って治療していけそうだと安心したようだ。


2017年3月 6日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター