無痛歯科 カウンセリングレポート

恐怖心の強い方への無痛治療

50代男性。

30年近く前に、歯医者で麻酔が効かずに治療をされたことがトラウマになり、歯医者自体に恐怖心を持つようになったとのこと。

虫歯がいくつかあることは分かっていたが、何年もそのまま放置していたら歯が欠けてしまった。
知人より当院の無痛鎮静法での治療を勧められて来院された。

治療前は大変緊張されていたが、無痛鎮静法での治療を始めるとだんだんとリラックスした状態になり、心拍数も安定された。
初回治療は、恐怖心も痛みも感じることもなく、快適に治療を受けられたとのことだった。

今後も計画的に治療を進めていくこととなった。
きちんと通って、年内には全てキレイに治したいとモチベーションが上がった様子だった。


過去のトラウマ|2017年10月25日

トラウマのある方への無痛治療

30代男性。

幼い頃、体を押さえつけられて歯科治療を受けたとのこと。
その体験がトラウマとなり、歯科治療を受けることができなくなってしまった。

歯の痛みがあっても我慢し続けて、20年以上歯科医院にかかっていないとのことだった。
最近、奥歯で物を噛むことが困難になり、意を決して当院に来院された。

奥歯の虫歯が進行しており、ほぼ根っこだけの状態になっていた。

他にも小さな虫歯が多数あり、歯周病も進行していた。

無痛鎮静法にて、まず根っこだけの歯の抜歯を行った。
治療前は大変緊張されていたが、スムーズに治療を終え、驚いた様子だった。
もっと早くにこの治療法を知っていれば...とおっしゃっていた。

今後も無痛鎮静法で快適に治療を進めることとなった。


過去のトラウマ|2017年8月29日

歯科恐怖症の方への無痛治療

40代男性。

以前かかった歯科で嫌な思いをし、それから歯科にかかれなくなったとのこと。
悪化した虫歯や抜かなければいけない歯多くもあったが、どうしても歯科に行く気になれなかったという。

"無痛鎮静法"を当院のホームページでご覧になり、その効果については半信半疑で来院されたが、スムーズに初回治療の抜歯を終えた。

もっと早く知っていれば...とおっしゃっていた。全ての歯がキレイに治るまでしっかり通いたいとのこと。

実際、過去のトラウマで歯科恐怖症になってしまった患者様は大変多い。
以前どんな辛い目に遭ったかを話してくださる方もたくさんいらっしゃる。

乱暴な治療や、医師やスタッフの冷たい対応、にわかに信じがたい内容も多い。

そういった話を聞かせていただいたり、無痛鎮静法を受けていただいた後にアンケートを記入していただくことで、より親切丁寧に患者様の気持ちに寄り添った治療や対応を心がけようと思う。


過去のトラウマ|2016年10月26日

トラウマのある方への無痛治療

30代男性。

幼少期に、体を押さえつけられて歯科治療を受けたとのこと。
その体験がトラウマとなり、歯科に通う事ができなくなってしまった。

歯の痛みなど放置し、10年以上歯科医院に通院されたことはないとのこと。
ここ最近、奥歯で物を噛めず食事が困難になってしまい、意を決して来院された。

拝見したところ、奥歯の虫歯が進行しており、根っこだけの状態になっていた。

また、その他にも虫歯が多数あり、歯周病も進行していた。

来院初日は、全体的なレントゲンお口の中の写真を撮影及び今後の治療のご説明を行った。

次回より無痛鎮静法で、快適に治療を進めていくことになった。

大変緊張されていたが、一度受けていただければ必ず満足されるとご案内した。


過去のトラウマ|2016年9月16日

無痛鎮静法でリラックス治療

20代男性。

以前、他院で親不知の抜歯を希望したところ、「これは痛いから覚悟した方がいい。」と言われ、
治療日の前からずっと憂鬱な気分が続いたとのこと。

ホームページにて当院の無痛鎮静法を知り来院されたが、
「では、次回無痛鎮静法で抜きましょう。痛くないので安心してください。」とお伝えしたところ、
驚いたと同時に安心したとおっしゃっていた。


治療日当日も、「大丈夫ですよ。痛くないですよ。」と声をかけながら治療を進めたところ、
とてもリラックスし、実際痛みもなくスムーズに治療を終えることができ、大変感動しておられた。

治療を丁寧に進めることはもちろん、スタッフ全員による患者様の心のケア、声かけも重要であると、
改めて感じた。


過去のトラウマ|2016年2月 8日


1 2  
無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター