無痛歯科 カウンセリングレポート

嘔吐反射で歯の治療が苦手な方

30代男性。

型を取る、奥歯を削る、その際に器具で舌を押さえつけられる等の口の中に器具が入ると、
嘔吐反射がおきてしまう、とのこと。
他の歯科医院で、治療をしようとしたが、なかなか治療が難しかった。

当院で行っている無痛治療は、嘔吐反射がある患者様でも、
嘔吐反射を起こすことなく治療をすることができる。
その人に合わせた薬のレシピで、治療を行うため、非常に快適に治療をおこなえる。

この患者様も右下の一番奥の歯の虫歯を、快適に治療することができた。


2011年5月17日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター