無痛歯科 カウンセリングレポート

「痛くなったら手を挙げてください」と...手を挙げたのに無理に治療され

30代男性。

虫歯の治療が大変苦手とのこと。
昔、痛いときは手をあげてくださいと言われたのにもかかわらず、削り続けられたとのこと。

しみたら手を挙げていただければ、その後ハグキ麻酔を追加すれば痛くなく終わった筈である。
「痛くなったら手を挙げてください」という言葉自体が間違え。
大多数の歯医者は配慮が足りない!
このようなことでトラウマになる患者さんは結構いる。

この患者様は結構、虫歯が大きく、神経をとらないといけない状態であった。
無痛治療で、神経をとる治療をすることとなった。

鎮静法という麻酔を併用すれば、痛みを和らげリラックスさせる作用があるので
快適な治療を終えることができる。


2011年5月21日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター