無痛歯科 カウンセリングレポート

審美歯科の無痛治療

40代女性。

前歯が虫歯で、ボロボロになってしまい、見た目が悪くなってきたのが、すごく気になっていた。
ただ、治療時の痛みを感じるのが、大変嫌で歯科医院に通えなかった。

この方の親友が当院に通院しており、無痛歯科治療の話を聞いて、来院された。
最初、診療室に入られた時は、大変緊張されているようであった。
治療の話が進むにつれ、緊張もほぐれていき、
次回より、麻酔の方法の一つ鎮静法を使った治療に入っていくこととなった。

このように、鎮静法併用の場合、当日いきなり治療に入ることは、少ない。
もちろん、強い痛みなどがあり、急を要するときは別だが、
最初はレントゲン、写真、説明用模型を作成するための型取りなどを行い、次回の治療方針をたてていく。


2011年6月 6日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター