無痛歯科 カウンセリングレポート

歯茎麻酔をされずに削られてトラウマとなった方

40代男性。

小さい頃に小さな虫歯を歯茎麻酔なしで削られて、
それ以来歯科治療がトラウマになってしまった。
削る道具の音を聞くだけでも恐怖感を感じるようになってしまった。

この患者様は奥歯に大きな虫歯があり、神経を取らないといけない状態であった。
麻酔の一つで鎮静法を使って神経を取る治療となった。

治療終了後、削られてる感覚もなく快適に治療を終えることができたと、患者様は仰っていた。


2011年7月12日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター