無痛歯科 カウンセリングレポート

歯周病のため無痛治療で除去

50代女性。

10年程前、他院に左下のインプラントの手術を受けた。
歯を入れた当初は、全然問題無かったのだが、最近、その周りが腫れてきたとのこと。

レントゲンで確認すると、周りの骨が溶けている状態であった。
歯磨きできておらず、周囲炎になっていた。
周囲炎とは、歯周病になってしまった状態で、撤去しないといけない状態であった。

患者様は埋入手術時の振動や、痛みがトラウマになっていたため、無痛歯科治療を希望された。
次回より、鎮静法という麻酔を使って除去を行っていくこととなった。


2011年9月 2日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター