無痛歯科 カウンセリングレポート

歯科恐怖症、無痛治療で快適

60代男性。

昔、受けた右下インプラント治療の歯が、腫れて痛むとのことで来院。
お口の中を拝見すると、その治療した周囲が赤くなり、かなり腫れていた。
レントゲンで状態を確認すると、周りの骨が完全に溶けてしまっていた。
清掃状態が悪いと歯周病になる、この状態をインプラント周囲炎といい、軽度のものであれば、清掃状態を改善したり汚れを取り治療が行える。
患者様は、周囲炎になっており、骨がほとんど溶けてしまっているので、埋入した人口歯根自体を除去しなければならない。
この患者様は、除去する外科的手術に対して大変恐怖感が強く無痛歯科治療を希望された。
無痛治療の鎮静法(点滴麻酔)でをしてから、すぐ意識がなくなり目が覚めたら治療が終わっていたとのことで、大変快適に手術を受けられたと仰っていた。


2011年10月 7日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター