無痛歯科 カウンセリングレポート

恐怖心が強い方の歯科治療

40代女性。

痛みは無いが、奥歯が欠けてしまったために来院された。

カウンセリングをしていくと、以前歯科医院に通っていた際に麻酔がなかなか効かず
痛みを我慢して治療をした経験があるとのこと。
それ以来、歯科治療への恐怖心があるという。

お口の中を拝見すると、右下の奥歯が虫歯のために欠けていいた。
また、左の下も数本虫歯になっていた。
レントゲン写真で確認すると、右下は虫歯が深く神経近くまで達していたため神経を取る必要があった。 
左の下は、虫歯が小さいため神経を取る必要はなかった。

鎮静作用のある薬を点滴をすることにより治療中の苦痛及び痛みを避けることが出来るということを
十分に説明し、今後、鎮静法を使い治療を進めていくこととなった。


2011年11月 1日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター