無痛歯科 カウンセリングレポート

ぶつけた歯の無痛治療

50代男性。

自転車で転び、前歯をぶつけてしまい歯がかけたために来院された。

レントゲン写真を撮り、歯の根の状態をみたが、幸い根っこが折れているなどの
症状は確認できなかった。

ぶつけた前歯は被せる治療が必要で、まずは仮り歯にかえ審美面を回復させると共に、
痛みの改善を待つことになった。

昔は普通に治療を受けていたが、前歯をぶつけ痛い思いをしてから、何となく治療に対する
恐怖感がうまれたという。

そのため、快適に治療が受けられる鎮静法(点滴麻酔)で無痛治療をしていくことなった。


2011年12月20日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター