無痛歯科 カウンセリングレポート

麻酔が効きにくい奥歯の治療

20代男性。

下の奥歯が虫歯のため歯科医院へ行ったら、虫歯が進行しているので、
神経を取る治療が必要と言われたとのこと。
その際、下の奥歯は麻酔が効きにくいので痛みを伴う治療になるとも言われたそう。
それを聞き、痛みを我慢して治療するのは怖いので鎮静法(点滴麻酔)の無痛治療を
希望して来院された。

レントゲン写真で確認したところ、確かに神経を取る治療が必要であった。
ただ、治療する部分にしっかりと麻酔をすることで、痛みなく治療は進められる。
また、鎮静法という麻酔を併用することで治療に対する不安感を取り除きスムーズに
治療を行うことができる。

以上の事をご説明し、次回から無痛治療をしていくことになった。


2012年1月18日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター