無痛歯科 カウンセリングレポート

親知らずが虫歯になり抜歯

20代女性。

下の親知らずのあたりが腫れ、歯茎を噛んでしまい痛みがあるために来院された。

お口の中を拝見すると、右下の親知らずが虫歯になっていた。
奥歯は歯ブラシが届きにくく清掃不良のため、歯茎が腫れたと思われる。

ご本人は、虫歯になっているし、また腫れるのは嫌だから抜歯したいのだが、
以前に反対の親知らずを抜歯したときに辛い経験をしたという。

鎮静法(点滴麻酔)を使った無痛治療で、意識がボーっとした状態で治療を行うので、
治療時間は実際よりも早く感じる。
また、恐怖感を取り除くことができるし、痛みなく快適に治療がすすめらることをご説明した。

本日は抗生物質を処方し腫れを引かせる事を最優先とし、
次回から、無痛治療していくことになった。


2012年1月31日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター