無痛歯科 カウンセリングレポート

上顎の親知らず

20代女性

左上の親知らずが横向きに生えており、他院で抜歯を勧められた。

痛みは大丈夫だが、抜歯の際のゴリゴリ響く感覚が苦手だそうだ。
このため抜歯に際しては鎮静法を併用した無痛治療をすることとなった。

実際の処置にあたっては、親知らずは頭が一部しか見えてなかったことと、
手前の歯の裏側にあたり目で確認することが困難であったため、
位置を探りながらの抜歯となり、通常より若干時間のかかる抜歯術となった。

しかしながら、抜歯後も痛みは少なく、術中も意識せずに抜歯できたとの事で、
思いのほか快適だったとの事。


2012年3月24日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター