無痛歯科 カウンセリングレポート

痛みのない歯周病の無痛治療

30代女性。

幼い頃の歯科治療のトラウマで歯科治療が恐怖に。

奥歯が腫れて痛い。
前回の治療が完了してから、約2年ぶりの来院。
レントゲンを撮影し、痛みの原因は歯周病によるものだと診断。

30歳以上の国民の約80%が歯周病と言われている。
一言で歯周病といっても軽度~重度と進行具合にはレベルがある。

歯周病の進行具合を検査、歯周治療の必要性を説明、
今後必要となる歯周治療の計画をたてた。

歯ぐきに麻酔を必要とする事、超音波の機械の振動や音も苦手ということで、
次回から鎮静法(点滴麻酔)を行いながら、数回に分けて無痛治療を行っていく。

久しぶりの来院で緊張していた様子だったが、痛みの原因も分かり
歯周病も無痛治療(鎮静法)であれば頑張って治療していけそうだと安心したようだ。


2012年7月10日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター