無痛歯科 カウンセリングレポート

差し歯の無痛治療

40代男性。

20年ほど前に治療した差し歯が痛み出し来院された。

レントゲンで確認すると、差し歯の土台となっている根の先に膿がたまっていた。
このような場合、根っこの上についている差し歯を外し、膿を出す治療をしないといけない。
差し歯の金属は外れないように根っこに深く埋め込まれており、
この差し歯を外すのも難しそうであった。

差し歯等の金属を外すときは、振動が大きく、それを不快に感じる患者様もいる。
この患者様も、それが苦手で、鎮静剤を静脈に点滴する無痛治療を希望された。

この無痛治療により、差し歯も無事外すことができた。
患者様も快適に治療を終えられ、満足されていた。


2012年7月30日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター