無痛歯科 カウンセリングレポート

歯の型取りが苦手な方へ

50代男性。

歯の型を取るときに、型取りの材料がのどの奥に流れてきて涙ながら型を取った経験があるという。
それから、歯医者に行くのが嫌になり20年近く行っていないとのこと。

最近になり、以前に他院で治療した歯の被せものが取れ、物が噛みにくくなったために来院された。
お口の中を拝見すると、被せてあった歯は虫歯になっていた。
虫歯を除去して再度被せ物を作る治療が必要であった。

過去の体験から、歯科治療に対して恐怖心があり、型を取る治療になるため
鎮静剤を静脈に点滴する無痛治療をすることになった。
この無痛治療は、昼寝をしているように意識がボッーっとするので、治療に対して無関心になる。
痛みもなく、型をとる時に気持ち悪くなることもないのでリラックスして治療を受けていただける。


2012年8月29日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター