無痛歯科 カウンセリングレポート

嘔吐反射が強い方の奥歯の治療

30代男性。

右下の一番奥の歯が痛くなり来院。

歯科治療の痛みはそれほど怖くないが、嘔吐反射が強いため
鎮静法(点滴麻酔)を使用した無痛治療をご希望。

顎全体のパノラマ写真を撮影したところ、歯の根の先端に大きな膿が出来ている事を確認。
神経を取り根の中の治療が必要な事をお話し。

大きな膿ができていたので根の中をキレイにする為に何回か根の中の治療が必要になり
根の中がキレイになったら、最終的なお薬をいれていく。
その後土台を建て被せ歯の型取りをして、被せ歯を入れていく、とご説明。

一連の治療の内容から、一番奥の歯ということもあり
鎮静法を使用した無痛治療で快適にしっかり治療をしていく事になった。

今までは、嘔吐反射が強いため奥歯の治療が特に苦しくて辛かったが、
無痛治療するようになってからは、快適に受けられると安心している様子が見られた。


2012年12月 5日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター