無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛で行う審美治療

30代男性。

上顎の前歯の変色が気になるとのことで来院された。

お口の中を拝見すると、上の中央の歯2本に虫歯の治療の跡があり、その箇所が変色していた。
前歯の小さな虫歯の治療は、保険の治療ではプラスチックを詰めるのだが、
この材料は時間が経つと唾液中の水分を吸収して、プラスチックは変色をしてしまう。
この方もその変色が見られ、笑うと大変目立つことを気にされていた。

レントゲンを撮影してみると、そのプラスチックの下に虫歯ができている箇所も見られ、
治療が必要な状態であった。
ご相談の結果、前歯2本はセラミックの被せ歯で、被せることとなった。

神経の処置や削る処置に恐怖心をお持ちとのことで、鎮静法を使った無痛治療を行うことなった。


2013年3月27日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター