無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛で歯周病ケア

50代女性。

親の介護か忙しく、なかなか自分の時間が取れなかったため、しばらく歯医者に行くことができなかった。

しかし、本当は歯医者が苦手で、親の介護を理由に歯医者に行けなくても仕方ないと自分に言い訳していたとのこと。

ようやく親の介護が落ち着き、自分の時間が取れるようになったとき、鏡で口の中を見るとひどいことになっていたという。

お口の中を拝見すると、奥歯には虫歯が多数あり、歯石も全体に付着していて歯周病が進行している状態であった。

まずは、歯石除去のクリーニングを行い、お口の衛生状態を改善させる必要があった。

歯医者が苦手ということなので、意識がボッーとしている間に治療を行う無痛鎮静法という方法があることをご説明した。

それを併用することで、治療中の恐怖心を取り除くことができるし、傷みを感じることもないので、とても快適に治療を受けていただける。

次回から、無痛鎮静法を使い治療することになった。


2014年6月 3日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター