無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛鎮静法を使った虫歯の治療

30代女性。

昔から一度も歯医者に行ったことがなく、お口の中は虫歯がたくさんできている。

ずっとこのままにするわけにはいかないので、通院することにしたという。

お口の中を拝見し現状を確認すると、虫歯が進行し抜歯しなければならない歯が数本、根の治療が必用な歯が数本、他にも小さな虫歯があった。

まずは、放置しておくと痛みが出そうな歯から治療が必用であることをご説明した。

歯科への恐怖心が強く、とにかく痛くないように治療したいとのことだったので無痛鎮静法を併用することにした。


※無痛鎮静法とは、静脈内鎮静法といって点滴で静脈に鎮痛薬や向精神薬を注入し麻酔状態をもたらすことです。
そうすることで、治療中の恐怖心を取り除くことができ、痛みなく快適に治療を行うことができます。


2014年8月25日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター