無痛歯科 カウンセリングレポート

嘔吐反射が強い方への無痛鎮静法の効果

40代女性。

歯科治療全般が苦手であるが、特に奥歯の治療が大変苦手で、
器具が舌に当たったり、型を取ったりする際、嘔吐反射が出てしまうとのこと。


最近になって、奥歯が痛み出したのことで、来院された。
拝見すると、奥歯が大きな虫歯になっていた。
レントゲンで確認すると、虫歯は神経まで達しており、神経の処置が必要な状態であった。

奥歯の根の治療は、口を開けたままにする時間が長い。
さらに、奥歯に器具を入れるときは、嘔吐反射が強い方はかなりつらい治療になる。


今後は、リラックスさせる効果の高い無痛鎮静法を用いて治療を行っていくこととなった。


2014年8月26日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター