無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛鎮静法を使った歯石除去

20代男性。

いつも歯ブラシをすると歯茎から出血する。

ここ最近は、時々歯茎が腫れるようになり、口臭も気になるということで来院された。

お口のなかを拝見すると、全体に歯石が付着しており、中程度の歯周病であった。

このまま放置すると、さらに歯周病が進行するため歯石の除去が必要であった。

以前、歯医者でクリーニングをしてもらった時にすごくしみて痛かったために途中で治療を止めたことがあるということで、今回も痛いのではないかという恐怖が強くあるとのこと。

無痛鎮静法を使えば、昼寝をしているときのようにウトウトと意識が薄れるため、治療に対しての恐怖心がなくなること、もちろん痛みなく治療できることをご説明し、次回から無痛鎮静法を使ってクリーニングをすることになった。


2014年12月10日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター