無痛歯科 カウンセリングレポート

化膿した歯の無痛治療

50代男性。

セラミックの被せ歯をしている前歯の歯茎が腫れたとのことで、当院に来院された。

痛みはそれほど強くないが、腫れは大きい。

レントゲンを撮影してみると、前歯の根っこの先に大きな膿がたまっているのが確認できた。

この膿を取り除くため、神経の入っている管を消毒、洗浄する必要がる。

以前にこの歯の根っこの治療の治療をしたときに、歯茎麻酔をしてもらえず、痛みを我慢して治療したという。

そのため、今回の治療も同じように我慢しなければいけないのかという不安があるとのこと。

無痛鎮静法を使えば、昼寝をしている時の様にウトウトとした状態で治療をするので、不安や恐怖心を感じることはない。

また、痛みなく快適に治療を受けられることをご説明すると、ぜひ無痛鎮静法を併用して治療を受けたいと希望された。


2015年2月 9日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター