無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛で行う親知らずの抜歯

40代男性。

幼少期に歯科治療でとても痛い思いをされた事がきっかけで、
歯科治療が苦手になってしまったとのこと。
最近、右下の親知らずが痛くなることが何度かあり来院された。

確認すると、親知らずが半分顔を出している状態だった。
奥までしっかり歯みがきができていないので、歯肉が腫れて痛みが出ることを繰り返したり、
虫歯になるリスクが高いため親知らずを抜歯をすることになった。

無痛鎮静法を用いて抜歯を行った。
抜歯が終わって、終了したことをお伝えすると、「もう歯を抜けたんですか?」と大変驚かれていた。
歯茎に麻酔をした事も気が付かなかったとの事。
痛みを感じることなく、快適に抜歯することが出来、とても満足されていた。

小さな虫歯もいくつかあったため、今後無痛鎮静法で治療を進めることとなった。


2015年11月28日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター