無痛歯科 カウンセリングレポート

嘔吐反射のある方への無痛治療

40代女性。

嘔吐反射が強く、歯型を採ったり、口の中に器具が入ったりすると気分が悪くなるとのこと。
また、恐怖心から口がこわばってしまい、開けたままにしているのが辛いため、なかなか治療が進まないと困っていらっしゃった。

無痛鎮静法を併用すれば、リラックスした状態で治療を受けられるだけでなく
周りに無関心になるため、とても有効な方法だと初診時にご案内し、本日より早速治療を進めていくこととなった。

幸い虫歯は神経まで届いておらず、本日虫歯を取り切って型どりをした。

削られているのも、型を採ったことも覚えていないようで、嘔吐反射も全く出なかった。
とても感動しておられた。

今後の治療も無痛鎮静法で進めていくこととなった。


2015年12月26日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター