無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛鎮静法による神経の治療

40代男性。

1ヶ月程前から、甘いものがしみていたので虫歯があると思っていたが、
我慢できていたのでそのままにしていた。
しかし、数日前から痛みが強くなってきて、昨日は寝られないほどに
ズキズキと痛みだしたとのこと。
こんなにも痛みが出たのは初めてで心配になり翌朝来院された。

お口の中を拝見すると、放置していた虫歯が急激に進行し、
神経まで進んだために痛みが出たと思われた。
そのために、神経をとる治療が必要である。

痛みが強くて、このまま治療をするのが怖いということで
静脈に点滴で鎮静作用のある薬を使った無痛治療をすることになった。

治療後、
「今まであった痛みも全くないし、治療中に痛みも不安も何も感じることなく快適だった。
無痛治療で良かった。」
と、話してくれた。

今後も、無痛治療で進めていくことになった。


2016年4月25日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター