無痛歯科 カウンセリングレポート

嘔吐反射の強い方への無痛鎮静法

40代女性

虫歯で詰め物をしなくてはならないが治療の際に、口の中に治療器具が入ると、嘔吐反射が出てしまい、歯型を取れないとのことで来院。

この方は、大変敏感で、型どりの際気持ち悪くなってしまいトラウマになってしまったそう。
治療が必要なことは自覚していながらも今まで歯科治療に踏み切れなかった。

無痛鎮静法は、嘔吐反射の強い方にも大変効果的な治療であることをご案内して、治療を開始。
治療中も、型どりの最中も嘔吐反射がでることなく無事治療が終了した。

患者様も気持ち悪くなることもなく快適にできたそう。
歯科治療についても少し自信がついた様子だった。
次回は出来上がった金属をつけていくだけなので無痛鎮静法をせずにしていく予定。


2016年9月26日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター