無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛で行う親知らずの抜歯

40代男性。

最近右下の親知らずに痛みがあるとのことで来院。
拝見すると虫歯になっていたため、抜歯をお勧めした。

今まで抜歯をした経験がなく恐怖心があるということで、無痛鎮静法を併用して治療を行うこととなった。
初診時は、まずレントゲン撮影と治療のご説明、痛みと炎症を抑えるために飲み薬を処方し、2回目の来院の際に無痛鎮静法で抜歯を行った。

終わってみれば、抜歯したことも、歯茎に麻酔をしたことも気がつかなかったと驚いておられた。
名前を呼ばれたり、「大丈夫ですよ」と声をかけられていた記憶はうっすらあるとのこと。

次回、消毒をして一旦治療終了、その後は定期的に検診を受けていただくようお伝えした。


2017年1月20日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター