無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛鎮静法による抜歯

20代男性

ここ数年、疲れたりすると時々奥の歯茎が腫れるとの事で来院。

レントゲンで確認すると、親知らずが斜めに生えかけていて、歯みがきがしにくいため腫れを繰り返していた。
抜歯をおすすめしたが、今まで親知らずを含め乳歯以外を抜いたことがないため、歯を抜くとなると怖いとの事。

鎮静薬を静脈に点滴する無痛治療は、眠っているときのように意識がボーッとするので、治療中の恐怖心をなくすことができる。
痛みもなく快適に治療できることをご説明し、次回から抜歯をすることになった。


2017年7月10日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター