無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛治療による奥歯の神経の治療

20代 男性。

昨晩から左下の一番奥の歯が痛み、朝一番に御来院された。

お口の中を拝見すると、左下の奥歯の被せ物がとれて、その下が真っ黒く虫歯になっていた。
レントゲンで確認すると、虫歯が神経まで達しており、
虫歯及び神経をとる治療をしないといけない状態であった。

一般的に下顎の歯は、上顎の歯に比べて、麻酔が効きにくい。
下顎の歯は骨の密度が高く、麻酔薬が浸透し難い為である。
神経の治療の際、患者様にとって一番苦痛なのが麻酔が効かないということである。

その患者様は、もともと歯科治療が苦手ということもあり、
鎮静法を使った虫歯の無痛治療をご希望された。


2017年11月13日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター