無痛歯科 カウンセリングレポート

無痛鎮静法による抜歯治療

40代男性。

右下奥歯の痛みにより来院。
歯医者が苦手で20年ほど行っていないとのこと。

拝見すると、親知らずが虫歯で黒くなり、大きく欠けていた。

無痛鎮静法による親知らずの抜歯を行った。
点滴をされた後の事は全く覚えていないとのこと。歯茎に麻酔の注射をされたのも分からなかったと驚いておられた。
治療自体は30分もかからず終了した。その後、ボーっとした感覚から覚めるまで少しお休みいただいてからお帰りいただいた。

他にも虫歯が数本あったため、今後も無痛鎮静法で治療を続けるとことなった。


2017年11月27日

無痛治療について 治療の流れ 治療例 料金 よくある質問 患者さまの声 当院について
ホームページから予約する 東京無痛歯科センター