ご予約・お問い合わせはこちら
 
無痛治療
院長・歯科医師紹介
患者様の声
歯科様CTがあります

2016.11.26 
冬期休暇のお知らせ
12/29(木)から1/5(木)の期間は、冬期休暇のため休診となります。 この期間中もメールでのお問…

2016.07.19 
ホワイトニングについて
ホワイトニングの最新機種を導入しました。 より白く、より安全に、より快適に。 是非一度お試しください…

2016.07.02 
夏期休暇のお知らせ
8/11(木)から8/18(木)の期間は、夏期休暇のため休診となります。 この期間中もメールでのお問…

2015.11.25 
冬期休暇のお知らせ
12/30(水)から1/4(月)の期間は、冬期休暇のため休診となります。 この期間中もメールでのお問…

2015.07.03 
夏期休暇のお知らせ
8/8(土)から8/14(金)の期間は、夏期休暇のため休診となります。 この期間中もメールでのお問い…

2015.06.23 
本日の診療終了時間
6/23(火)の診療は、17:30で終了させていただきます。 お電話は通常通り19:00まで受け付け…

2015.05.02 
GW中の診療につきまして
5/3(日)~5/7(木)は休診となります。ご予約・ご相談メールは5/8(金)以降に返信させていただ…

2015.04.20 
4/19 院長南雲インプラントセミナー出席
院長南雲、平成27年4月19日慶應大学耳鼻咽喉科 國弘先生をオブザーバーとする「上顎インプラント治療…

2015.04.17 
美ST 6月号に掲載されました
当院が、雑誌『美ST』2015年6月号(光文社)に掲載されました。 口腔ケア(PMTC)について取材…

2014.11.29 
冬期休暇のお知らせ
12/30(火)から1/4(日)の期間は、冬期休暇のため休診となります。 この期間中もメールでのお問…

すべて読む >

コンセプト
Facabook
皆さんの歯ブラシはどこに置いていますか?

湿度のある環境は菌の繁殖を促してしまうため閉め切った棚やケースに入れて歯ブラシを覆うのはやめましょう。
水分を含んで放置した歯ブラシには100万個の雑菌が繁殖してしまうと言われています!!

歯ブラシの保管は風通しがよく日当たりの良い場所に置くようにしましょう。

歯科衛生士

2016/11/04 14:38

皆さんは、顔の表情筋(目、鼻、口を動かす筋肉)が
日常生活では、20~30%程度しか動かされていないと
知っていますか?

動かさなければ、筋肉が硬くなり動きも悪くなります。
また、重力に対して形態維持できずに垂れ下がることになります。
それが、しわやたるみになって表れてしまいます。

表情筋をしっかり動かし、表情豊かになれば、
いくつになっても若々しくお顔全体が明るくなり自然と
自信のある美しい笑顔が作れるようになっていきます。

そのためのエクササイズをご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみて下さい!!

歯科衛生士

2016/10/28 14:31

皆さんの使っている歯磨き粉にフッ素は入っていますか?

フッ素は歯とお口の中の細菌に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。
特に歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯ぐきが痩せてしまい、普段なら歯ぐきで覆われているはずの部分が露出している方は虫歯になりやすいです。
そこで、フッ素を塗る事で虫歯のリスクを下げる事ができます。

歯科医院で塗るフッ素と歯磨き粉に含まれるフッ素の違いはその濃度にあります。
歯科医院で使用する高濃度のフッ素は、歯質の強化を特に期待する事ができ、薬局やスーパーなどで販売されているフッ素配合の歯磨き粉に含まれる低濃度のフッ素は、使い続ける事で歯の再石灰化や虫歯菌が酸を作る力を抑える事が期待できます。
これらを併せて行う事で虫歯予防の効果がより高まります。

当院でもフッ素塗布を行っていますので、ご興味のある方はスタッフに声をかけて下さい。

歯科衛生士

2016/10/21 16:51

秋晴れの気持ちの良い日ですね。

今日は、リオオリンピック・パラリンピックのメダリスト達の凱旋パレードが中央通りで行われました!
まさにパレード日和で、朝から銀座はとても賑やかでした!

私たちも窓越しに観ることができました!
朝からそわそわしていたのですが、わーっと興奮してる間にパレードの車は通り過ぎて行きました。

福原愛選手や吉田沙保里選手がどこにいたのかよく分からず。
どうやら反対側だったようです!
でも、手を振ってくれた選手も何人もいました!

良い記念になりましたヾ(*・∀・)/

選手の皆さまお疲れ様でした!

受付

2016/10/07 12:37

皆さんは、歯周病と全身疾患(がん、心疾患、脳血管疾患、肺がん
など)との関わりについてご存知ですか?

そもそも歯周病は、様々な炎症によって歯の周りの組織が
破壊されたり、骨がとけていくことですが、
歯周病になってしまう原因が大きくわけて3つあります。

1つ目が、プラーク(歯垢)です。
プラークには1㎎あたり数億個の微生物が存在しているため
歯茎に炎症を起こす直接的な大きな要因の一つとなっています。

2つ目が生活習慣です。
食生活やお口の中の衛生状態など
普段お口の中にどのくらい関心を持ってるかが重要になります。
特に、喫煙は歯周病の進行を早めるとても危険なものです。

3つ目が年齢や免疫力、遺伝など
外敵に対する防御能力が含まれます。

このような様々な原因が重なると、
歯周病発症の危険が最大となります。
そして、歯周病が全身疾患と関連する重要なキーワードが

”歯周病の慢性炎症の持続です!!”

炎症が微弱であっても継続することで毛細血管などを介して
全身の各臓器に散らばりそこで様々な影響を与えるのです。

なので、お口の中を清潔にし、しっかり歯磨きをして
歯周病を予防することが健康を保つ第一歩なのです。。。。

歯科衛生士

2016/09/23 12:56

109人が銀座オーラルクリニックについて「いいね!」と言っています。

 

新着情報

すべて読む >

  Facebookもチェック
HOMEコンセプト院長・歯科医紹介院内設備料金表患者様の声アクセスご予約新着情報サイトマップ